要チェック!!買取が難しいワイン

自宅にあるワインを売りに出したいと思っても、全てのワインを買い取ってもらえるわけではないぞ。 ものによっては買取不可となることもあるのだ。
どんなワインだと買取が困難になるのかを紹介していこう。

開封済みのワインは買取が難しい

ワインは、開封した瞬間に劣化が始まっていく。一気に空気に触れることになるからだ。酸化すれば質が落ちていくのはワインも同じなんだよな。

だから、開封済みのワインは買い取ってもらえないと思っておこう。
ブランデーなど、お酒が入っているボトルに価値がつく場合には開封済みでも買取可能な場合があるが、ワインはそうはいかない。
お酒そのものにこそ価値があると解釈されるワインという飲み物は、ほんの一瞬でも開けてしまえば買取対象から除外されると考えておくべきだ。

飲んでいなくてもだぞ。一切口をつけていなくても、開封されていれば使用済みと捉えられても仕方がない。 使用済みのワインを誰が欲しがるだろうか。もし飲まないのであれば、キャップシールも開封してはいけないぞ。

ワインに何らかの破損が生じている

傷物は高く売れないだけではなく、そもそも買い取ってもらえないことも出てくる。

ワインが少しでも破損していれば、それも買取対象とはならないから気をつけたいところだ。

ワインの破損とはなんだろうか。瓶の傷や欠けなどもこれに含まれるだろう。ラベルの剥がれもこれに含まれる。 コルクが割れたり欠けたりしている場合も同様だ。
特にコルクは破片がワインの中に入ってしまうことがあるが、これはワインの味を悪化させてしまう原因にもなるので、 あまりにも状態がひどければ買取対象外となってしまうぞ。

明らかにワインの量が減っていると買取が難しい

印をつけていなければ、ワインの量が減っているかどうかなんてわからないかもしれない。 でも、長期間放置しておいたものであれば、最初の状態と比べればきっと量が減っているだろう。

少しであれば、大した問題ではない。しかし、明らかにワインの量が減ってしまっていれば、これも買取が難しいと言われてしまうはずだ。

大幅なワイン量の減少は、それだけ蒸発していることを意味する。蒸発するためには空気が必要だから、そのワインは多くの空気に触れていたことになるわけだな。
最初に言ったが、たくさんの空気に触れれば味や香りも劣化していることになるから、業者も買取を躊躇してしまうのだ。

模造品(パチモン)は買取が難しいというかほぼ不可能

私も含め、ワイン愛飲家は非常に多い。世界中にワインを愛する人がいるわけだが、そうなると出回ってしまうのが模造品だ。 いわゆるパチモンと呼ばれるものだが、これは当然ながら買取困難な商品だ。

パチモンを買い取る業者などいるはずがないよな。知識や鑑定力のない業者が買い取ってしまうことはたまにあるかもしれないが、 偽物であると判断されて購入する業者など、さすがにいない。

そもそも、そのワインを持っている人がパチモンだと認識していない可能性もある。査定に出す前に持ち主が偽物かどうか判断できないこともあるが、 その場合は堂々と査定してもらおう。
もし偽物であれば、ちゃんと教えてもらえるぞ。もちろん買い取ってはもらえないけどな。

コメントを残す

4 × 5 =