ワインを高く買い取ってもらうコツ

ワインのことが好きだからこそ、言っておきたいことがある。
ワインを家に眠らせておくくらいなら、ぜひ買取に出してもらいたい。
できるだけ、ワインの流通を促してもらいたい。

そうした行動にできるだけ多くの人に出てもらえるように、高額買取のコツを紹介していくぞ。

高額買取のコツ① 査定前には自分で簡単に掃除する

買い取ってもらったワインは商品として新たに売り出されることになる。当然、状態が良いに越したことはない。
そこでだ、ワインの買取業者に査定をしてもらう前には、必ず自分で掃除をしておこう。簡単にでいい。過剰な掃除はかえってラベルなどを傷つける恐れがある。

ついたホコリを吹き飛ばし、ボトルのガラス部分に汚れがあれば、軽く拭いておく。ただし、ラベルに関しては触れないのが鉄則だ。コルクが剥き出しになっているワインであれば、そのコルクにもあまり触れないでおこう。底の汚れも拭き取ったら掃除は完了だ。
ホコリや汚れの拭き取りには水拭きではなく乾拭きがおすすめだぞ。ラベルやコルクは水に弱いからな。

高額買取のコツ② 木箱やグラスなどの付属品は全て揃える

ワインで重要なのは、味や香りだ。こんなことは言うまでもない。
中身さえ美味しく保たれていれば、それでいいが、高額買取を視野に入れた時には、そんなことも言っていられない。
ワインはしばしばケースに入れられて販売されている。木箱だったり紙の箱だったり、種類はいろいろとあるが、これら付属品があるかないかでも買取価格は変わってくるのだ。

言うまでもないが、付属品が全て揃っていてこそ高額買取が期待できる。
特に木箱は重要だ。木箱はワインの存在価値を高めるもので、特にコレクションなどをしている人にとっては非常に重要なアイテムとなる。
買取業者もそれがわかっているから、木箱などの付属品があれば、かなり高い金額を提示してくれるぞ。

引用:https://www.stock-lab.com/osake-kaitori/column/129/

高額買取のコツ③ 必ず複数の買取業者と比較する

面倒だからと多くの人が避けてちまいがちだが、高額買取に必要な最も重要なポイントは、複数の買取業者に査定を依頼して比較をすることだ。ちょっと考えれば、こんなことはすぐにわかるはず。

同じワインだからといって、何十もある全ての業者が全く同じ査定額をつけたとしたら、そんな気持ち悪いことはないと感じるだろう。どの業者も、自分たちを売り先として選んでもらいたいわけだから、できるだけ高く買い取る努力をするわけだ。
複数の買取業者に査定をお願いすれば、その中で必ず価格差がつく。一番高い査定額の業者に持ち込めば、損をせずに済むってことだ。

同じワインでも、銘柄とか年代によっては、数万円の差が出てくるぞ。ワインの買取を強化している業者もある。ある銘柄に特化して高く買い取っている業者もある。その存在を見つけ出すには、できるだけ多くの業者に査定額をつけてもらって比較するしかないだろう。

高額買取のコツ④ 飲まないと分かったお酒はすぐに査定に出す

高く買い取ってもらうには、そのタイミングも重要だ。
「簡単な掃除をしておく」ことが高額買取のコツだと最初に言ったが、そもそも、ホコリをかぶったり汚れたりする前に売りに出しておけばいい話。そうすれば状態が綺麗なまま売りに出せるんだから、かなりの高額査定が期待できるはずだ。

しばらく家に置いてあるワインは、もう飲まないものだと判断し、すぐに買取に出すことをおすすめする。
もしくは、誰かからもらったもので、「これは好みではない」と思ったら、申し訳ないことだけど、すぐに査定に出してしまおう。

それ以上汚れないように、付属品を失くしてしまわないように、それ以上中身が劣化しないようにするには、すぐに査定に出すことが重要で、それが高額買取の大切なポイントになることは確かだ。
間違っても「古ければ古いほど価値が上がりそうだから、もっと家で保管しておこう」などとは思わないことだな。
家で数年寝かせたくらいで価値が上がるはずもない。それよりも汚れや劣化で買取価格が下がる危険や可能性の方がずっと高いと知っておくことだね。

コメントを残す

18 − 13 =