「レッドバッカス」の特徴【ワインの買取業者まとめ】

「レッドバッカス」は、ワインならほぼどんなものでも買い取ってくれる嬉しい業者だ。他の業者に買取を断られてしまった人でも、ぜひこの業者で再トライしてもらいたい。

「レッドバッカス」はLINEでの査定も行っている

お酒の買取をしてもらえう前にワインの査定をしてもらう必要があるのだが、「レッドバッカス」にはこの査定が非常に手軽であるというメリットがある。LINEによる査定があるのだ。

スマートフォンを持っていれば当たり前のように使っているだろうLINEだが、これで査定ができるなら手軽で便利過ぎる。
この業者のLINEアカウントがあるから、それを友だち登録して、あとは持っているワインの写真を送信するだけで査定してくれるぞ。

土日祝日に関しては対応してくれないが、それ以外であればすぐに査定結果を送ってくれるから、ぜひ試してみてほしい。これまでのどの査定方法よりも簡単に感じるはずだ。

引用:http://red-bacchus.com/

「レッドバッカス」は空き瓶などの買取も行っている

「レッドバッカス」の素晴らしいところは、買取対象が非常に幅広いところだ。

ホコリをかぶっていたり、腐っているか不安になりそうなほど汚れていたり、ラベルが剥がれていたりすると、普通の業者は買取をためらってしまうところを、「レッドバッカス」はほぼほぼ買い取ってくれる。価値のあるワインだとわかれば、買取価格もそこそこ高値をつけてくれるぞ。

ワイン以外のお酒もそうだが、ボトルなどの空き瓶も買取対象になっているのはありがたい。中にはボトルだけでも欲しいと思うコレクターがいるからこそ、売る側にもチャンスが巡ってくるわけだ。
あまりにも状態が悪ければ買取価格が安くなってしまうこともあるが、買い取ってもらえないよりは、ずっといいだろう。

「レッドバッカス」は無店舗経営のため、店頭買取ができないというデメリットも…

「レッドバッカス」には、基本的にはデメリットはない。買取価格も高額だし、汚れたワインも買い取ってもらえる。
ところが、この裏にはちょっとした欠点もある。

高額買取を行うために、この業者はコストを削減しているのだ。その一つが無店舗経営で、つまり、店頭買取を気軽に利用できないことにつながっている。
店頭買取でお酒を売りたい人にとっては少々困ってしまうだろう。

まあでも、これは仕方がない。他の買取方法を選ぶか、店頭買取を行っている業者を選択するしかないのだ。

コメントを残す

three × 1 =