高く売れる白ワインの銘柄【まとめ】

白ワインは高い金額で取引されるイメージを持たない人もいるが、決してそんなことはない。
持っていれば、飲むよりもまずは買取に出すことを検討してみてもらいたい銘柄を紹介していくぞ。

白ワインの代名詞 〔シャブリ・グランクリュ コート・ブーグロ〕

フランスワインのひとつであり、シャルドネと呼ばれるブドウで作られるシャブリ・ワインの中でも、特級に位置する高級白ワインが「シャブリ・グランクリュ コート・ブーグロ」である。
生産量が制限されているため稀少性が保たれ、流通価格も高騰する傾向がある白ワインだ。白ワインの代名詞的存在と言ってもいいだろう。

流通価格は1万円を超えることもあるため、買取価格は3,000円から5,000円といったところが相場となるだろう。
赤ワインと比較するとさほど高くは感じないが、お酒の中では高額買取されるもののひとつに数えられる。

引用:http://takamuraplus.jp/shopdetail/000000001052/

柔らかく女性的なワイン 〔ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール〕

白ワイン用のブドウの栽培が盛んな、ムルソーと呼ばれる村で誕生した白ワインが「ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール」だ。
プルミエ・クリュとは、1級という地位を表す言葉で、つまり、非常に格式高い白ワインであることを示している。
特徴は、とても女性らしいこと。柔らかく繊細で、時にサバサバとした、確かに女性らしさをしっかりと感じられる白ワインだ。
辛口ではあるが、シュッとしていて歯切れの良さも感じさせる。
しかし、その余韻をしっかりと口の中に残してくれるところが素晴らしい。

時に2万円以上の額を出さないと購入することができない白ワインなので、売りに出した時でも1万円前後の値がつけられる可能性があるぞ。状態が良ければなおさらだ。
相場は7,000円から8,000円ほどとはなるが、それでも白ワインの中では買取価格が高めで、味わいと同様に確かな存在感示してくれるぞ。

引用:https://wsommelier.com/item/7288.html

世界最高の貴腐ワイン!? 〔シャトー・ディケム〕

白ワイン好きにはたまらない甘口のワインに“貴腐ワイン”があるが、これの最高峰とされているのが「シャトー・ディケム」である。
貴腐ワイン好きなら、これは絶対に飲んでおきたい銘柄だ。

使われているのは、セミヨンとソーヴィニヨンという2つの品種のブドウである。オークの樽に数年間熟成され、その香りも楽しむことができる白ワインに仕上がっている。

貴腐ワインには、とにかくファンが多い。だからこそ、買取価格も高騰してくる。
白ワインでは、高級品でも1万円の買取価格になればかなり良い方だけれども、「シャトー・ディケム」は、時に5万円前後で買い取ってもらうことができる。2001年のものだ。
1990年と2005年のこの銘柄も評価が高いため、2万円から3万円で買い取ってもらえるチャンスがあるぞ。

引用:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-0009411424283/

白ワインの王 〔モンラッシェ〕

純粋に買取価格のみで高級赤ワインと張り合おうと思ったら、それに対抗できるのは「モンラッシェ」のみだろう。
白ワインの中でも別格な存在で、時に「キング」と称されることがある。
これほど偉大な白ワインは世界中探しても存在していない。
特に“ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ”の作るモンラッシェは最高傑作で、他の追随を許さないぞ。

引用:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4562301066285/

もしそこそこの状態を保っていれば、30万円は軽く超えてくる。流通価格ではなく、買い取ってもらえる時の金額だ。
50万円に迫りそうなものは1986年のものと1996年のものと2011年のものだ。
40万円を超えてきそうなモンラッシェには、1999年のものと2005年のものがある。

引用:http://www.justgrapeswine.com/2013/02/spotlight-on-white-burgundy-maison-louis-jadot-puligny-montrachet-les-folatieres-premier-cru-2006/

それ以外の年のモンラッシェも例外なく高額買取が期待できる白ワインだから、所有しているなら真剣に売却を考えるべきだろう。

コメントを残す

seventeen − eight =